あなたがレンタカー事業を始める際に、法人を設立するか個人事業として始めるかは避けて通れない悩みかと思います。

イメージとしては法人を設立した方が、様々な信用を得られことでしょう。

しかし、絶対に法人を設立しなければ成り立たないのでしょうか?

 

比較的手軽に参入できるレンタカー業界。

法人設立は煩わしいし、軌道に乗るまではお金がかかりそうだしとも思われるでしょう。

法人と個人のどちらでも開始できるならどちらが本当に良いのでしょう?

 

ここではレンタカー事業を運営していく上で、法人と個人それぞれのメリットとデメリットを比較していきます。

先ずは一読してください。

あなたの悩みを解消する材料となることをお約束します。

 

こちらの記事も合わせて読むことをオススメします。

レンタカーのメリットとデメリットとデータから戦略を立てる

レンタカー事業開業時に合同会社設立という選択肢を考える

 

それでは確認していきましょう。

 

設立手続き

個人

税務署へ行って開業届けを提出するだけです。

驚くほど簡単にできますので、専門家など不要です。

税務署に行ったついでに、青色申告にするか白色申告にするかの届出も出しておきましょう。

法人

定款

法人を設立するには必ず定款を作成する必要があります。

定款とは会社の事業内容や決まりごとなどを記載したものです。

定款を作成したら公証役場へ認証に行きます。

登記

定款が認証されたら、次は設立登記を法務局でします。

申請には定款をはじめとした書類をいくつか用意する必要があります。

 

大きく分けると法人設立に定款の認証設立登記の2点となります。

あなた自身に時間的な余裕などがあればチャレンジしてみても良いでしょう。

しかし、ほとんどの方は専門家に依頼されるケースが多いです。

専門家に依頼するにしても行政書士、司法書士、税理士等がいます。

費用と報酬の合計を考えると20万円~と考えておいたほうが良いかと思います。

大変申し上げにくいのですが、レンタカー事業許可申請と合わせて法人設立を考える場合は、行政書士に依頼するとワンストップサービスでできるかと思います。

 

信用

個人

いきなりたとえ話になりますが、個人経営のレンタカー店と法人のレンタカー店が並んでいた場合にあなたはどちらで借りますか?

サービス内容や取り揃えている車種がほとんど変わらないのであれば、法人を選ぶこととなるかと思います。

今は競合他社が近所にいなかったとして、後に現れたらやはり脅威となるでしょう。

法人

絶対的に信用は個人より高くなるのは明らかです。

信用という面で言えば、融資も受けやすくなります。

肝心の顧客獲得という面においても、有利にはなれども不利にはたらくことはないでしょう。

 

経費

個人

仕事をしていく上で支払った金額は全て経費とすることができます。

逆に経費として計上できないものをいくつかあげてみます。

  • 事業主の給料
  • 事業主の税金(所得税、住民税等)
  • 事業主の国保・国民年金

基本的に事業と無関係の支出は経費になりません。

自宅兼事業所とする場合であっても全額経費として計上できないので注意が必要です。

法人

あなた(代表取締役)が受け取る給料は経費として計上できます。

また、生命保険の保険料は全額経費として処理できます。

そして、法人名義で事業主の自宅を借りることにより、社宅としてその家賃を法人の費用とすることができます。

比較するとキリがないのですが、個人事業主より法人化したほうが経費として処理できる内容が多くなります。

 

社会保険

個人

従業員が5人未満であれば加入は任意です。

裏を返せば、従業員が4人までなら加入しなくて良いということですね。

あくまで任意ですので、従業員のためと考えるなら加入することもできます。

法人

社員が1人でも加入する必要があります。

社会保険任意適用事業所といった社会保険に任意で加入することができる業種も存在します。

ですが、レンタカー業は社会保険強制適用事業所である為、加入する必要があります。

 

赤字

個人

赤字の繰り越しは3年までしかできない。

法人

赤字の繰り越しは最長9年もできる。

 

やはり税金面でのメリットは法人に分がありますね。

 

会計年度

個人

1月1日から12月31日までの会計を、翌年の2、3月に申告することとなります。

法人

一番多いのは大手企業などに見られる3月決算ですかね。

あなたの好きな月に自由に決めることができます。

 

まとめ

レンタカー事業を開始するのに、必ず法人を設立する必要はありません。

個人事業主と法人設立のどちらが良いかは、あなたの営業スタイル次第とも言えます。

 

あなたがレンタカー事業一本で今後活躍されるのでしたら、法人を設立した方が良いでしょう。

あなたが自動車整備業であったり副業としてレンタカー事業を始めるのであれば、最初は様子を見てからでも良いでしょう。

 

個人で開始して軌道に乗ってから法人になるという方法があります。

この場合、残念ながら新たにレンタカー事業の許可申請をする必要があります。

最初から法人設立をしておけばその費用も必要ないかもしれません。

ですが、法人を設立して運営していくということは、再取得費用以上のコストがかかります。

 

安易にレンタカー事業許可を取得するなら法人設立もとすすめる方は、この点をどうお考えなのかは分かりません。

あなたの成長に合わせて事業を成長させていっても良いのではないでしょうか。

最終的に決めるのはあなたなのですが、それぞれのメリットとデメリットをキチンと判断してからでも遅くはないのです。

業務のご案内

運送業の専門の行政書士である山田博文が御社を訪問し、最短で手続きを完了させます。

業務地域は静岡県を中心に神奈川県、東京都、山梨県、愛知県を対応しています。

運送業に長年携わってきた経験がありますのでスピードが違います。

一般貨物自動車運送 400,000円
貨物利用運送事業 100,000円
レンタカー 60,000円


でご依頼を承ります。

一般車両貨物運送事業、レンタカー許可、貨物利用運送に実績があります。

「行政書士に連絡するのは気が引ける」
「後から聞いていない費用を請求されるかも」
「初めてで何から手を付けていいかわからない」
「偉そうにされたらいやだなあ・・・」


このような不安をお持ちのお客様に特におすすめします。
お電話をいただければすぐにお伺いし、簡単な書類を集めていただければハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。

やまだ行政書士事務所
静岡県三島市大宮町3-20-22
tel 055-939-7730
(9:00~18:00)