ひょっとするとあなたはレンタカー事業を始めようとしているかもしれません。

はたまた、既に事業を始めているかもしれません。

どちらにしても、ユーザーがレンタカーに何を求めているかを考えたことはあるでしょう。

 

ユーザーはレンタカーに何を求めているのでしょう?

新型の車種?価格?それとも自分で買うことができないような超高級車?

 

お客様のニーズが分かれば経営戦略も立てやすいのは当然と言えば当然のことと思います。

ここでは、普段あなたも使用されているGoogleを使ってユーザーニーズを探っていきます。

先ずは一読してください。

あなたにGoogleの使用方法が一つ増えることをお約束します。

 

それでは確認していきましょう。

 

Google

あなたが普段調べものをするのに役立つグーグル。

通常の使い方としては検索として使用されることが殆どかと思います。

しかし、それだけしか使ってなければもったいないです。

キーワードプランナーというツールを使うことで、検索ワードが月間どれくらい調べられているかも分かるのです。

使い方を確認していきましょう。

 

まずはグーグルを開いて”キーワードプランナー”と入力しましょう。

検索結果がこのように出るかと思いますので、赤枠の部分をクリックしてみます。

すると、

このような画面が現れるはずです。

ここで注意が必要なのは、Googleアカウントを持っていないと使用できません。

普段使いのメールが”Gmail”などであれば問題ないかと思いますが、持っていなければこの際取得しておきましょう。

問題なければ、赤枠で囲った部分をクリックします。

 

するとこのような画面が表示されるかと思います。

様々な使用方法がありますが、ここでは赤枠の部分をクリックしましょう。

 

すると、何から始めますか?と表示されます。

とりあえず画像のように”レンタカー”とでも打込んで、画面下のボタンをクリックしましょう。

 

そして検索結果が出ます。

赤枠で囲った部分が月間検索ボリュームとなります。

レンタカーという単語に付随して、よく調べられるワードのボリュームが表示されています。

 

おそらく、あなたも同じような画面が出たことと思いますが、Google AdWords広告を出稿している広告主のアカウントであれば、ボリュームではなくハッキリした数字を見ることができます。

 

検索ボリューム上位ワード

あらためて検索ボリュームが多いワードを探ってみましょう。

「レンタカー ○○」と調べられるワードで月間1万超えするのは、

  • 格安
  • 安い
  • 料金
  • 乗り捨て
  • 値段

殆どが価格に関するワードですね。

”乗り捨て”も、できるのとできないのでは差が出るでしょう。

少し悲しい結果かもしれませんが、やはり大衆ユーザーの求めているのは価格なんですね。

 

更に掘り下げて、月間1,000超えするワードを探ってみると、

  • 予約
  • 激安
  • 乗り捨て
  • ハイエース
  • スタッドレス
  • 相場

このようなワードが次にきますね。

スタッドレスは意外でしたが、北海道のレンタカー利用率と関係があるのでしょうか?

ハイエースは買うのも借りるのも人気がありますね。

 

先程も申し上げた通り、AdWords広告を出していれば更に具体的な数字を見ることができます。

ホームページを持っているなら、この機会に一度検討してみても良いかと思います。

 

まとめ

商売を始めるのにマーケティングが必須なのは言うまでもありません。

あなたが好き勝手に経営をしても成功する確率は限りなく低くなってしまいます。

 

無料でここまで調べるツールがあるのを活用しなくてはもったいないです。

キーワードプランナーで検索ユーザーのニーズを確認するくらいの手間を惜しんではいけません。

今後は是非、ご活用ください。

 

それらのリサーチを最低限した上で、はじめて経営戦略を立てることができます。

戦略なき戦術などありえません。

どうか、あなたの経営がうまくいきますように。