ひょっとすると、あなたは産廃業をはじめようと思っているかもしれません。

その際、個人か法人かと一瞬でも悩んだことと思います。

その思いは当然で、信用を考えるなら法人化したほうが良いでしょうし、手軽さを求めるなら個人経営と考えるでしょう。

 

法人設立と言えば代表的なものとして”株式会社”を設立するものと考えるでしょう。

ですが、平成18年に会社法が変わり、有限会社が設立できなくなった代わりではないですが、合同会社というものが設立できるようになりました。

あなたは、あまり聞き慣れないかもしれませんが、日本で有名な会社も合同会社として経営されています。

  • アップルジャパン
  • アマゾンジャパン
  • ソフトバンクグループインターナショナル

ちょっと規模が大きすぎたかもしれませんが、合同会社の設立件数は年々増えております。

 

ここでは合同会社の特徴やメリット・デメリット、株式会社との違いなどを分かりやすく丁寧に説明していきます。

まずは一読してください。

あなたが産廃業開業時に選択肢が増えることをお約束します。

 

尚、こちらの記事を合わせて読むことをオススメします。

産廃業の知識 | 法人設立と個人事業を比較する

 

それでは確認していきましょう。

 

合同会社

合同会社とは?

一言で説明するなら、出資者と経営者が同じである会社のことです。

もちろん、こんな簡単な説明では納得してもらえないでしょうから詳しく説明していきます。

 

株式会社は出資者と経営者が分離しています。

株主である出資者というのは実は会社の所有者にあたるのです。

株主総会で選んだ”取締役”に経営者として実際の業務を行ってもらっているのです。

 

合同会社は出資者と経営者が分離していません。

社員全員が出資者であり経営者となるわけです。

そして出資者は有限責任社員となります。

これは会社に負債があっても出資した金額以上の負担を負わないことを指します。

 

では出資者と経営者が分離しているのとしていないので何が違うのでしょう?

意思決定の自由度に違いが出てきます。

株式会社では経営者がこうしたい、と思っていても出資者の反対に合う可能性があります。

合同会社では経営者と出資者が分離していないので、全員の合意があれば自由に物事を決めることができます。

 

メリット

合同会社にするメリットを挙げていきましょう。

設立費用が安い

株式会社同様、会社であるからには定款を作成する必要があります。

しかし、あくまで作成するだけでよく、定款を認証する必要がないのです。

法務局で定款の認証をするのに5万円、電子定款ではなく紙での申請の場合は更に印紙代として4万円かかります。

更に、設立登記に必要な登録免許税が、株式会社が15万円に対して合同会社は6万円(資本金857万円以下の場合)となります。

自由度が高い

利益の分配や経営の意思決定が自由に決められます。

株式会社では持ち株に比例して利益が分配されますが、合同会社では出資額に関係なく利益を分配できます。

また、先程も述べましたが出資者と経営者が同一である為、意思決定が早くできます。

税金

株式会社と同様の税制となります。

個人事業主とは違い、法人名義のものは全て経費計上できるのも大きいでしょう。

 

デメリット

メリットがあれば当然デメリットもあります。

知名度

株式会社と比較すると、歴史が浅いというのもあって、どうしても知らない人が多いです。

個人的にはカッコイイとは思うんですけどね。

あなたは「アップルジャパンも合同会社ですけど?」と返して、相手の反応を探るのも面白いかと思います。

ですが、個人相手の商売であればそれで良いのでしょうけど、法人相手の商売には若干不利かもしれません。

私が昔勤めていた会社が有限会社でした。

大きな取引の商談に入る以前に、相手企業から「有限会社には仕事を依頼できない。」と蹴られたことがあります。

合同会社でも同じようなことが起こる可能性は無いとは言い切れません。

社員

一般的な社員(従業員)とは違い、合同会社の社員とは出資者でもあります。

意思決定する際に全員の合意が必要となりますが、一人でも反対者がいると意思決定ができません

また、出資額に関係なく利益配分ができるということは、逆に社員間のトラブルになる可能性も秘めています。

更に、社員の退社に伴い資本金が減少する可能性もあります。

本当に信頼できる仲間や家族経営に向いているのかもしれません。

社長

株式会社の社長は”代表取締役”と呼びます。

合同会社の社長は”代表社員”と呼びます。

あまり気にしなくても良い気もしますが、気になる方は気にするんでしょうね。

 

まとめ

個人事業主より信用があり、株式会社より自由度の高い合同会社。

もちろんメリットがあればデメリットもあり、あなたも悩まれたかもしれません。

 

あなたが、社員を増やして大きく事業展開を考えているなら、合同会社は向いていないかもしれません。

本当に信頼できる仲間や親族で経営される場合には向いているかと思います。

 

株式会社と比較すると合同会社は簡単にスタートを切ることができます。

最初は合同会社でスタートして、規模が大きくなってきた時に株式会社にするという考えでも全然良いと思います。

 

是非、あなたに合った事業形態で産廃業を成功させてください。

業務のご案内

運送業の専門の行政書士である山田博文が御社を訪問し、最短で手続きを完了させます。

業務地域は静岡県を中心に神奈川県、東京都、山梨県、愛知県を対応しています。

運送業に長年携わってきた経験がありますのでスピードが違います。

一般貨物自動車運送 400,000円
貨物利用運送事業 100,000円
レンタカー 60,000円


でご依頼を承ります。

一般車両貨物運送事業、レンタカー許可、貨物利用運送に実績があります。

「行政書士に連絡するのは気が引ける」
「後から聞いていない費用を請求されるかも」
「初めてで何から手を付けていいかわからない」
「偉そうにされたらいやだなあ・・・」


このような不安をお持ちのお客様に特におすすめします。
お電話をいただければすぐにお伺いし、簡単な書類を集めていただければハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。

やまだ行政書士事務所
静岡県三島市大宮町3-20-22
tel 055-939-7730
(9:00~18:00)