突然ですがあなたは、一般貨物自動車運送事業の許可を取得するのに、行政書士に依頼しようとしていたとします。

それはやはり、自分ではハードルが高いと感じたかもしれませんし、何より短期間で許可取得を望んでいるかもしれません。

では、何を基準にして選びますか?

 

やはり、どうしても気になる点の一つとして、料金がいくらかかるのかは決め手の一つになることと思います。

では、単純に安ければ安いほど良いのでしょうか?

 

ここでは、検索順位で上位10件の料金を調べてみました。

先ずは一読してください。

あなたが、依頼する行政書士の判断基準の一つとなることをお約束します。

 

こちらも合わせて読まれると理解が深まります。

運送業の許可申請|行政書士に依頼するメリット・デメリット

運送業の許可申請|こんな行政書士に依頼してはいけない!

一般貨物自動車運送事業を始める際の許可要件(総論)

 

それでは確認していきましょう。

 

料金

ここでは、あくまで行政書士の報酬を記載していきます。

別途、登録免許税は一律で120,000円かかります。

また、合わせて取得されることが多い、貨物利用運送事業許可もサービスとして行っている場合は記載します。

これも、あくまで行政書士の報酬のみ記載します。

こちらは別途、登録免許税は一律で90,000円かかります。

 

K事務所420,000円100,000円
S事務所525,000円記載無し
Y事務所380,000円120,000円
P事務所432,000円172,800円
N事務所380,000円100,000円
S事務所450,000円150,000円
T事務所0円0円
T事務所0円0円
S事務所498,000円100,000円
S事務所400,000円記載無し

 

左から事務所名、一般貨物自動車運送事業(新規)報酬、利用運送報酬と行政書士に支払う金額です。

 

まず、結論を申し上げますと

一般貨物自動車運送事業(新規)報酬

平均金額は435,625円

最高報酬:525,000円

最低報酬:380,000円

貨物利用運送事業報酬

平均金額は128,560円

最高報酬:172,800円

最低報酬:100,000円

となりました。

 

ここであなたは、「タダの事務所がある!ラッキー!?」と思わないでください。

驚くことに、料金が記載されていないのです。

「詳しくは電話で」と書いてありましたが、何か後ろめたさからなのでしょうか?

時価とも取れますが、前職がスシ屋だったのでしょうか?

相手が金持ちだと判断すれば、フッかけてくるのでしょうか?

真相は私には分かりません。

 

また、利用運送について、料金だけならまだしも、許可取得サービスを記載していない事務所も見られて新鮮でした。

利用運送の許可は持っているけど、一般貨物自動車運送事業の許可は持ってない会社は分かるのです。

その逆はあまり見た記憶がないので、どのように考えているのか興味はあります。

 

そして、運送業許可専門という事務所が、思っていたよりも少ないことに驚きました。

 

まとめ

以前も申し上げましたが、行政書士の業務は多岐に渡ります。

扱える書類の数は数千種類とも言われ、一般貨物自動車運送事業の許可はそのうちの一つかもしれません。

ですが、あなたにとっては、かけがえのない一つだと思います。

 

金額も一つの目安になるのは事実です。

ですが、本当に金額だけで決めてしまって良いのでしょうか?

比較して改めて思ったのは、本当に専門としている事務所の少なさです。

安くて品質が良ければ文句なしでしょう。

ただ、安かろう悪かろうでは済まされないのも事実です。

 

どうか、あなたが心の底から「この人に頼んで良かった」と思える方と出会えますように。